suzuki mania ?

鈴木 すずき スズキ suzuki を見つけると嬉しくなるスズキマニアの日常

坂の上の雲(ドラマ)

☆☆ 最新の日記は一番下にあります。


本放送は全く見ていなかったのだけど、再放送をやると聞いて、急に「見るぞ!」と決意。
第1回、第2回の前編まで見ました。ドラマ「坂の上の雲」

原作はこちら
坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)
司馬 遼太郎

坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)
坂の上の雲〈2〉 (文春文庫) 坂の上の雲〈3〉 (文春文庫) 坂の上の雲〈4〉 (文春文庫) 坂の上の雲〈5〉 (文春文庫) 坂の上の雲〈6〉 (文春文庫)
by G-Tools

最近、江戸時代や幕末、明治初めのドラマって面白いなあと思い始めました。
昨年の『龍馬伝』は、『新選組!』が好きだったので、同時代のを見てみたかったというのもありますが、ここからちょっとずつ関連していく時代を見るのが楽しくなってきたところ。

歴史音痴なので、ドラマでちょっとずつ知っていくのはちょうどよいです。

少年時代の秋山真之と正岡子規を、そのまんま(?)もっくんと香川さんが演じていますが、『龍馬伝』で龍馬や弥太郎の少年時代を福山君と香川さんが演じていたので、ちーっとも驚かないわ(笑)。
菅野美穂ちゃんも少女時代を演じているけど、あまり違和感ないのでないかい?

子どものころの信さんを演じていた少年がかっこよかったなあ。


あっという間に松山を飛び出して、東京に行ってしまった青年たち。
『龍馬伝』では江戸に行くということがとても大変そうだったけど……。

展開が思ったより速くて、でもぐいぐい引き込まれて、3回分を一気に見てしまいました。
続きが楽しみ。

あれだけたくさんの人が出ているのに、出演者テロップでは鈴木はなし。
エキストラの人が多かったのかな。

いつか鈴木は出るのか?と「坂の上の雲 鈴木」でググってみますと、こちらのサイトが出てきました。
坂の上の雲 > 登場人物 > 鈴木貫太郎【すずきかんたろう】
春や昔~「坂の上の雲」のファンサイト~さん)

おお! これは楽しみだ。どなたが演じるのかなあ。第3部に登場ということか?


<以上、2011年8月21日記載>

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

その後、再放送を録画しては見、今日の再放送分まで見終えました。
第8回 「日露開戦」までです。

どこの国とどういういきさつで開戦にというのが、見ても聞いてもちーっともわからないというおばかな私ですが、登場人物たち、特に海軍関係者はステキだなあとうっとりしています。

今までまーーーーったく興味を示さなかったモックン(私の年代だとそう呼ばない?)こと本木雅弘氏演じる秋山真之氏が、今はむちゃくちゃステキに見えます。
何でかなあ。

公式サイトの登場人物から外れてしまったけど、広瀬武夫を演じる藤本さんもかなり好きです。
再放送の次回で亡くなってしまうのか(>_<)


第3部には鈴木貫太郎が登場するようです。演じるのは赤井英和さんでした。
この前見たドラマ「警視庁機動捜査隊216」では、おじいちゃんになったという役だったなあ(笑)

最近はNHKのドラマがかなり面白いです。





第3部が始まりましを!
第2部までの再放送も見終わり、そのまま続きに入れました。

相変わらずの歴史音痴、そして地理音痴なので、戦争シーンなどはちんぷんかんぷんですが、海軍と陸軍がうまくかみ合っていないところとか、なかなか興味深いです。
しかし、出演陣は豪華です。皆さん、しょっちゅうほかのドラマでお見かけします。
乃木将軍なんて、「妖怪人間ベム」で謎のおじさんだし。

自分より若い人も含め、最近ドラマを見ていると、ちょっとおっさんくさい方(失礼)が好きになってきたようです。
第2部の最後に死んじゃった広瀬役を演じていた藤本隆宏さんとか(「平清盛」にも出るのよね~)、役柄のイメージもあるのでしょうけど、好みが変わってきたわ。
ま、このドラマに若いイケメン俳優さんはあまり出てこない(出てくるときっと違和感がある)から、だんだんそれになじんできたというのもあるのだろうなあ。

さて、しかし、あの的場浩司さん演じる長岡さんのひげは何であんなに?
実際の写真はもっとすごいことになってますけど。
天然……というわけじゃないよね(笑)
お手入れ大変そう。スプレー多用!?
周りの人はかなり迷惑だと思います(刺さる)。

ワンピースの白ひげ!???


恒例のテロップチェック。やっと鈴木さんを見つけました。
海軍兵士のところに鈴木幸二さんというお名前。どなたかなあ。




最終回まで見終わりました。
最後のほうは戦闘シーンが多くて、心理的にはつらいものがありました。
真之の心の痛みももっとも。

原作を最後まで読んでいないからわからないけど、日露戦争の後は2人の余生をさらっと流して終わったドラマ。
あんなに活躍したからといって、その後も波瀾万丈というわけでもないわけですね。
真之は早くに亡くなり、好古のほうはわりと長命だったとか。

最終回を録画したものを見たのですが、その前に「トリビアの泉」スペシャルで石原さとみちゃんの唇を再現というコーナーを見てしまったものだから、そこばかり注目してしまったわ(笑)。いかん、素敵なドラマが~~っ。


出演者テロップにて、軍医総監・鈴木という役名。演じたのは永田耕一さん。
けが人が多数いた、あの部屋のお医者さんかな。


再放送があったら、また見てみましょうか。
よいドラマでした。

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2012/01/02(月) 11:09:16|
  2. ドラマ
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...